シミュレーターでアプリが動かなくなった

ソースコードを修正していないのに突然動かなくなるという事態に遭遇したら・・・まず、プロジェクトを クリーンして、さらにアプリケーションディレクト直下にある「build」をフォルダごと削除してみる。そ れでもダメなら、マシンを再起動する。それでもダメなら、「Resources」フォルダをバックアップして、 アプリごと削除してしまう。

シミュレーターが起動せずに落ちてしまう

特に初回によく発生する。普通にもう1回ためしてみれば問題なく起動することが大半。あと、原因がバグ
だった場合は、変数名が間違っている可能性がある。

アプリをビルドするとエラーがでる

日本語ディレクトリや全角スペースが原因の可能性がある。

よくわからない外国語で問い合わせがきた

まずGoogle翻訳を使って、おおまかな内容を確認する。無視するべきかどうか判断。もしやり取りが必要
であるなら英語で返信する。

商標の侵害について警告がきた

警告はほとんどの場合、Apple社経由でくる。まず、アプリを販売停止にする。続いて、Apple社宛にCCにクレームを入れてきた相手を入れて、アプリを削除した旨 をメールする。修正する場合は、新しいバージョンでリリースする。通常はこれだけでOK。

提携等のオファーがきた

筆者の場合は面倒だから無視する場合が多いが、もちろん受けてもいい。過去にイギリスの雑誌や、日本の ウェブメディアに掲載されたときはそれなりに売上は伸びた。

デベロッパープログラムの更新通知が来た

更新する。更新方法はメンテナンスの章参照。

アップルから英語でメールが来たけど、さっぱりわからない

日本語で対応してくれとメールする。すると日本の担当者から連絡が来る。

売上の送金でエラーがあって振り込めないというメールが来た

銀行情報の登録が間違っていたときに発生するので、正しい情報に修正する。過去にはAppleがいきなり全 銀システム対応に変更したときにも同様の状態が発生したことがある。ちなみに、銀行情報の変更が反映 されるには、早くて振込サイクル1クール、通常は2クール分の時間がかかる。つまり2ヶ月以上あとにな って、まとめて振り込まれることになる。

おすすめの記事